介護とは

 

介護とは

高齢化社会が進む中で介護を必要とする人たちが増えてきていますが、介護というのは援助が必要は人たちに日常生活におけるお世話をすることとなっています。

介護という言葉自体がまだ新しいために、そのきちんとした概念はまだ認識されていない現実もありますが、心身に障害ある人たちをできるだけ慎重しながら援助することが介護の本質であり、具体的には排泄や入浴や食事などの援助をすることが介護と定義されています。


高齢化が進む中で、介護を受ける方だけではなく、介護をする人たちにとっても介護は身近なテーマとなっていて、家族に介護が必要になれば、できるだけ自宅で面倒をみてあげたいと思うのは普通の感情です。

しかし共働き世帯が増えている現在では、24時間介護を行うのは非常に難しい問題となっていて、介護の程度にもよりますが、介護というのは思うよりも大変なことなので、介護をしてあげる人は心身ともに元気であることは必要となり、介護をする前には心身ともに元気だったとしても、介護をしているうちに心身ともに疲れてしまい、介護をしている方がおかしくなってしまうことも最近ではかなり重大な問題となっています。

そのため介護をする家族は、できるだけ自分たちの力で何とかしてあげたいという気持ちは十分に分かりますが、介護は長く続くものだということを理解して、公共の介護サービスも積極的に取り入れることをおすすめします。

そして介護を受ける人と一緒に、できることはそのまま維持するようにして、今よりも自立できることを目標としながら介護を提供するようにしましょう。

掲載元情報:柏市の「介護」求人・転職情報


介護を自宅で行うことを在宅介護と言いますが、病院での介護と在宅介護の違いは、医療従事者が主体となる医療介護か、医療の専門家ではない家族が介護をするかということになります。

在宅介護は自宅で家族を単位として生活の場での介護になりますが、病院になると治療を中心とした医療の現場での看護になるため、何かあった時はとても安心ですが、介護を受ける立場になれば、家庭ではない場所での介護を受けなければいけないというストレスがかかることになります。

またそれ以外にも介護施設での介護を受けることもできますが、家族とも十分に話し合って、どのような場所で介護を受けるかを決めるようにしましょう。


 
コンテンツ